勉強道具

家庭教師を付けて中学生で必要な勉強をマスター

進学を考える時は

ウーマン

大学費用には入学金や授業料を主として、テキスト代なども含まれます。一般的に国公立の大学は学費が安い傾向にありますので、費用を重視する方は国公立大学を目指す必要があります。奨学金などを利用するのも良いでしょう。

この記事を読む

受験数学の勉強法

男性

大学受験に限らずとも、数学が苦手な人は多いものです。数学が苦手な人は、算数からの基礎で疎かになっている部分を補修すると良いでしょう。また型のストックも大切です。たくさん型を知っている人ということが独創性を生み出します。それが数学に強くなるコツです。

この記事を読む

子供のペースで進められる

婦人とガール

個人契約は始めが肝心

高校受験の対策として中学生になると塾で勉強するタイプと、家庭教師を呼び自宅で勉強するタイプの2つが多くなります。中学生で家庭教師を頼む場合は、家庭教師センターなどの大手を通す方法と個人契約をする方法に分かれます。個人で契約を結ぶ場合は、保護者が中学生のお子様にあった先生探し、契約、監督などすべて行う必要があります。金銭面でのトラブルを避けるため、始めの契約で両者がしっかり納得し契約書を交わすことが大切になります。また、家庭教師は中学生のお子様と同性の先生を選ぶことをおすすめします。個人契約はハードル高いと悩んでいる場合は、家庭教師センターを通じて探すようにしましょう。ホームページなどで料金等をしっかり確認して選ぶことが大切です。

個人への対応が可能

家庭教師はお子様のペースに合わせて、勉強を進めていくことができるのが最大の特徴であり、人気を集めています。塾とちがい、1対1なので決められた時間すべてをお子様の為に使うことができます。他の生徒の前では恥ずかしくて質問することができないというお子様も、周りの目をきにすることなく納得するまで質問することができるので、苦手分野の克服にもつながるでしょう。また、やりかた次第ではお子様に自宅で学習する習慣をつけることができます。それにより、家庭教師がある日だけではなく、ない日でも予習、復習を自らするようになるので成績も上がりやすくなります。自分で学習する習慣がつくことで、分からない所がハッキリしてくるのでより楽しみながら勉強を進めていくことができるでしょう。

就職に直結した進学プラン

男性と女性

湘南工科大学を受験する高校生にとっては、就職も視野に入れながら、機械工学や情報工学について学べる学科などから選ぶことが重要です。時代のニーズに合わせたカリキュラムが特徴的であり、在学中に語学のスキルを高めたり、就職に向けたサポートも十分に受けられるでしょう。

この記事を読む